メールヘッダとは?Gmailで確認する方法

メールヘッダーとは?gmailで確認する方法 email
email

メールヘッダとは、「誰から、どのような経路で配信されているか?」等の情報が書かれたものです。

送信者、受信者、件名、返信先等の送受信に必要な情報や送受信の際に経由したサーバなどの経路情報などが記載されています。今回は、メールヘッダの中の種類と、メールヘッダの確認する方法をご紹介します。

メール配信システムをご検討中の方は、メール配信サービスはクライゼルをご利用ください。

メールヘッダフィールドの種類

メールヘッダには様々なフィールド(項目)があります。それぞれに意味がありますので、主要なフィールドをご紹介します。

ヘッダーフィールド 説明
From 差出人アドレス
Sender 実際の差出人のアドレス。From≒Senderですが、違う場合もあります。
To メールの送信先アドレス
cc カーボンコピー(Carbon Copy)共有先のアドレス
bcc ブラインドコピー(Blind Carbon Copy)To、CCの宛先に知られない共有アドレス。送信者のみに表示されます。
Resent-Date 転送された日時
Resent-To 転送先のメールアドレス
Resent-From 転送者のメールアドレス
Resent-Message-ID 転送メールのMessage-ID
Subject メール件名※受信メール一覧に表示されるタイトル
Date メールの送信日時。通常「年、月、日(曜日)、時間(時:分:秒)」の順序で表記されます。
Received メールの配信経路です。表示される順番は【Received from A by B for C】となりA、B、Cには通過したサーバーのドメイン名あるいはIPアドレス等が記載されています。
Return-Path Return-Pathはメールが届かなかった場合のバウンスメールの戻り先を指示します。
X-Mailer 相手が使用しているメーラー(メールソフト)が記載されます。
List-unsubscribe 配信停止依頼を受け付けるURLを設けるためのものです。

Gmailでメールヘッダを確認する方法

Gmailを開き、メール本文を開きます。縦にマルが3つ並んでいるアイコンを押し、「メッセージのソースを表示」をクリックします。

gmailメッセージのソースを表示

メールのソースを開くと、上部にメールヘッダ、下部にメールボディの情報が記載されています。

メールヘッダの見方

Gmailの「メール送信者のガイドライン」とは?

Gmailは、2024年2月以降、Gmail アカウントに1日あたり5,000件以上のメールを送信する送信者に対し、3つのガイドラインを義務付けしました。

お使いのメール配信サービスや、システムがGmailの提唱するガイドラインに準拠出来ていない場合、メールの到達率が下がる可能性があります。

詳しい内容につきましては、下記記事でご紹介していますので、合わせてご覧ください。

メール配信システムをお探しなら、CRMプラットフォーム「クライゼル」をご利用ください。カタログは下記からダウンロードいただけます。機能・料金表の記載もありますので、ぜひご覧ください。
クライゼルカタログ
坂頭 佳澄

マーケティンググループ所属。 マーケティング担当者としてデジタルマーケティング全般に従事。Googleアナリティクス認定資格保持。

坂頭 佳澄をフォローする
トライコーンラボ
タイトルとURLをコピーしました