kintoneに連携するフォームデザインをカスタマイズしよう!

kintone
kintone

この記事では、kintoneに連携して使う外部向けフォームのデザインカスタマイズについて解説します。デザイン性のあるフォームを通じて、より質の高いコミュニケーションの実現を目指しましょう。

kintone連携できるデザイン自由なフォームをお探しでしたらクライゼルのkintone連携フォームをご利用ください。

フォームデザインを最適化するメリットとは?

kintoneに連携して使う外部向けフォームのデザインを最適化することで、さまざまなメリットがあります。

まず、ユーザーの興味を引き付けることができます。自社サイトやサービスサイトのデザインのトーン&マナーに合ったフォームデザインだと、利用者はフォームに安心感やポジティブな印象を抱きやすいため、問い合わせやフィードバックが増える可能性があるでしょう。

また、フォームのデザインを工夫することで入力のモチベーションを維持させる効果もあります。使い勝手の良いデザインは、ユーザーがストレスなく情報を入力できるため、フォームのコンバージョン率向上にも寄与します。結果として、幅広いユーザー層からの情報収集が可能となります。これらのメリットを活かし、効果的にフォームのカスタマイズを進めていきましょう。

kintoneの標準フォーム機能でデザイン変更はできる?

kintoneの標準機能のフォームは、kintoneのアカウントを持った人のみが入力可能です。よって、kintoneの標準機能のフォームでは、フィールドの追加やラベルの変更など、最低限のカスタマイズしか行えません。

そのため、社外のkintoneのアカウントを持っていない人は、kintoneの標準機能で作成されたフォームにアクセスすることができず、情報の入力ができないようになっています。

kintoneと連携したデザイン性のあるフォームを作る方法

kintoneアカウントを持たない外部の人が入力できるフォームからkintoneにデータを入力するためには、kintoneの連携サービスやプラグインを使うことが近道です。

ここでは、それらの方法をいくつか紹介します。

kintone連携サービスやプラグインの活用

kintone連携サービスや、kintoneプラグインは各社から数多く提供されており、これを利用することで、さまざまな機能の追加やカスタマイズが可能となります。

フォーム関連のkintone連携サービスやプラグインを利用することで、フォームのデザインや機能性を一段と向上させることができます。

フォームデザインのカスタマイズが可能なkintone連携サービス・プラグイン3選

kintone連携フォームのデザインをカスタマイズする場合、いくつかの連携サービスやプラグインが利用可能です。

これらを活用することで、デザイン性のある、ユーザーフレンドリーなフォームの作成が可能になります。

クライゼル

クライゼルは、トライコーン株式会社が提供する多彩な業務で使えるCRMプラットフォームです。kintoneの連携サービスでもあり、特にwebフォーム制作、メール配信、会員サイト制作で多数の実績があります。

クライゼルを利用することで、企業のブランディングに合わせたフォームデザインや、ユーザーが使いやすいインターフェースのフォームを作成することができ、そのフォームに入力されたデータをkintoneにリアルタイムに連携することができます。

kintone連携フォーム制作でのクライゼルの特徴は、

  • デザインをフルカスタマイズできる
  • 独自ドメインの利用や、URL文字列の設定が自由にできる
  • 個別ID・Password認証

です。

特にHTML、CSS、JavaScriptを利用してコーディングでのデザインを行えるので、自由なデザインのフォーム作成や、Google Analyticsなどの外部計測タグの設定が可能です。

さらに、レスポンシブデザインに対応しているため、スマートフォンやタブレットからのアクセスにも適しています。これにより、UXの向上や、ブランドイメージの強化が期待できるでしょう。

クライゼルライトであれば初期費用なし、月次価格1万円です。

クライゼル kintone連携フォーム紹介ページ:https://www.kreisel.bz/service/system/webhook/kintone

FormBridge(フォームブリッジ)

FormBridgeは、トヨクモ株式会社が提供するkintoneとシームレスに連携できるフォーム作成プラグインです。

ドラッグ&ドロップの操作で、オリジナルデザインのフォームを簡単に作成することができます。作成したフォームは、kintoneアプリと直接連携し、データの一元管理が可能です。

また、複数のフィールドタイプや、条件に応じた表示・非表示の設定など、基本的なカスタマイズが可能で、企業のニーズに合わせた柔軟なフォーム作成を実現します。

ライト・スタンダード・プレミアム・プロフェッショナルの4プランがあり、各プランに応じて使える機能が異なります。ライトプランは月額6,000円。プロフェッショナルプランは月額24,000円です。

FormBridge公式サイト:https://fb.kintoneapp.com/

じぶんフォーム

じぶんフォームは、株式会社ソニックガーデンが提供するkintoneとシームレスに連携できるフォーム作成プラグインです。

kintoneと同様、マウス操作だけで簡単にフォームを作成することができる製品です。

じぶんフォームはシンプルなお問合わせフォームを作成するのに適しています。

価格も月額5,500円と安価ですので、手軽に利用することが可能です。

じぶんフォーム公式サイト:https://www.jibun-apps.jp/jibun-form/

デザインのフルカスタマイズが可能なkintone連携フォームを選ぶポイント

kintoneのフォームプラグインや連携サービスを選ぶ際、いくつかの重要なポイントがあります。

これらのポイントを押さえておくことで、効果的にデザインカスタマイズができ、企業のブランディングやフォーム・ユーザビリティの向上につながります。

1. 自社サイトのデザインとの統一性

企業のブランドイメージを保持するため、フォームのデザインは自社サイトと統一感があることが重要です。

クライゼルなどのサービスは、豊富なデザインオプションを提供し、ブランドイメージを損なわないカスタマイズが可能です。

2. HTML・CSS・JavaScriptの自由な操作

デザインの自由度を高めるためには、HTMLやCSS、JavaScriptのコードが自由に編集できることが必要です。

これにより、オリジナリティあふれるフォームのデザインが作成できるでしょう。

3. 独自ドメインでのフォーム設置

独自ドメインでフォームを設置できると、信頼性が向上します。これによりユーザーは安心してフォームを利用でき、コンバージョン率の向上が期待できるでしょう。

4. セキュリティの確保

ユーザーからの入力情報を安全に管理するため、セキュリティ面でも信頼性の高いサービスを選ぶことが重要です。安心安全なサービスの利用により、ユーザーの信頼を得られます。

これらのポイントを考慮し、企業のニーズや目的に合ったプラグインや連携サービスを選定することで、フォームのデザインカスタマイズをより効果的かつ効率的に行えます。

デザイン性のあるkintone連携フォームを作成するならクライゼルがおすすめ

今回は、kintoneのフォームデザインのカスタマイズ方法や、デザイン変更が可能なプラグイン・連携サービスについて紹介しました。

なかでもクライゼルは、自由度の高いフォームを作成するのにおすすめのサービスです。

フォームのデザインをカスタマイズする際には、クライゼルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社の多彩な業務で使える高セキュリティなCRMプラットフォーム「クライゼル」のカタログは下記からダウンロードいただけます。機能・料金表の記載もありますので、ぜひご覧ください。
服部誠

トライコーン(株)取締役兼マーケティング統括。
Web広告、CRM、CDP、データ可視化などお客様のwebマーケティングの課題解決に長年従事。
Salesforce Marketing cloud メールスペシャリスト / アドミニストレータ / コンサルタントおよび、Salesforce アドミニストレータの各認定資格を保持。

服部誠をフォローする
トライコーンラボ
タイトルとURLをコピーしました