ローコードとノーコードの違いとは?それぞれのメリットと開発ツールを解説

ローコードとノーコードの違いとは? ローコード
ローコード

「ローコード/ノーコード開発」の違いは、ローコードはある程度のプログラミングスキルを要求し、ノーコードはプログラミングの知識がなくても利用できる開発アプローチです。

会員サイト作成、Webフォーム作成、顧客管理を低予算で行いたいときには、CRMプラットフォーム「クライゼル」をローコード開発ツールとしてご利用することもおすすめです。合わせてチェックしてください。

ローコードとノーコードの違い

ローコード開発とノーコード開発の違いはプログラムを書く量です。

  • ノーコード開発:プログラムを書くことがない
  • ローコード開発:ツールを利用して部分的にプログラムを書く

これまでのアプリケーション開発とはここが違う

これまでのアプリ開発には、プログラムを記述するプログラミングスキルが必須でした。しかし、プログラミング言語は種類が多く、学習コストの高い、習得が難しい技術です。

ローコード/ノーコード開発環境は高度なプログラミングスキルが要らず、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)による視覚的・直感的操作でのアプリ開発を可能にしました。

ローコード開発とは

ツールを使ってツールが持つグラフィカルなユーザーインターフェースやドラッグ&ドロップの操作など、直感的な方法でアプリケーションの主要部分を作成し、カスタマイズなどで必要な場合にプログラミングすることで、開発経験が少ないない人でも、比較的簡単に業務で必要なアプリケーションを開発できるようになります。

これにより、開発にかかる時間やリソースを大幅に削減します。

ローコード開発のメリット

ローコード開発ツールを利用することで、アプリの主要部分の作成が視覚的・直感的に行えるため、高度な専門知識や技術が要りません。ITエンジニアでなくても、現場メンバーが必要な機能をボタン操作のみでアプリ主要部分を実装したり、業務フローを自動化することが期待できます。それに加えて、アプリをカスタマイズする場合、最小限のプログラミングでカスタマイズが行えます。特に、自社イメージにあったデザインにカスタマイズする場合や、ローコード開発ツールが提供していない処理ロジック作成が必要な場合に最小限の工数でカスタマイズできることが大きなメリットです。

また、アプリケーション完成後でも、ローコード開発ツールを利用していれば改修範囲が最小限で済みますのでメンテナンスが容易です。

よって、自社に合わせたアプリを最小限のコスト・工数で実現したい場合はローコード開発ツールの利用はおすすめです。

ローコード開発のデメリット

ローコード開発でもある程度のプログラミング知識が必要とされます。ですのでプログラミング知識を持つ技術者のアサインが必要になります。

ツール側の制限(開発言語の制限、APIの利用数制限、ITインフラの容量等制限など)によりカスタマイズの範囲に制限がある場合があります。

また、ツールのバージョンアップに伴い、カスタマイズ部分の稼働検証が必要な場合もあります。

ノーコード開発とは

「ノーコード開発」とは、プログラミングの知識がない人でもアプリケーションを構築できるように設計されています。ノーコードプラットフォームでは、視覚的なツールやインターフェースを使用して、プログラミングを行わずにアプリケーションを作成できます。

これにより、プログラミングの専門知識がない人たちもアプリケーションを作成できます。

ノーコード開発のメリット

ノーコード開発はGUIを用いたテンプレートと機能のドラッグ&ドロップで行い、高度なプログラミング知識とスキルは要求されません。アプリ作成がシンプルな操作と短期間で済むため、開発からリリースまでが早く、メンテナンスが容易です。

ノーコード開発のデメリット

利用する開発プラットフォームのサービス内容に大きく依存するため、ノーコード開発では拡張性が低い場合があります。プラットフォーム内の提供されていない機能が実装ができないことや、自社のデザインに合わせられないといった場合があります。よって、自社が利用したい機能やデザインがツール標準機能で実現できるか導入前に確認が必要です。

ローコード開発ツールの紹介

広く利用されているローコード開発ツールをいくつか紹介します。

  • Microsoft PowerApps
  • Oracle APEX
  • OutSystem
  • クライゼル

Microsoft PowerApps

microsoft-power-apps

引用元:https://www.microsoft.com/ja-jp/power-platform/products/power-apps

「Microsoft PowerApps」とはMicrosoftが提供している「Power Platform」というクラウドサービスに含まれる、ローコードアプリ作成ツールです。Power PlatformとはMicrosoftのローコード開発可能なアプリケーションの総称であり、他のPower Platform内サービス機能との連携が容易です。

マウス操作だけでアプリ開発ができる

Microsoft PowerAppsは、Webブラウザ上で利用可能なので使用機器にインストールが要りません。PowerPointの直感的操作とExcelのような関数入力ができ、従来のofficeソフトと近い操作感覚で扱えます。

Oracle APEX

oracle-apex

引用元:https://apex.oracle.com/ja/

「Oracle」とは、法人や官公庁で使用されるデータベース管理システムを開発販売している米国企業です。「Oracle APEX」は、Oracle Databaseの付属ツールとして提供されています。そのため、Oracleデータベースを利用中ならば新たなコストはかかりません。

データベースアプリを簡単に作成

Oracle APEXはブラウザ上ですべての作業ができ、データ入力と分析など、データベースアプリを簡単に作成可能です。また「データワークショップ」機能により、CSV(Excel形式)データの読み込みができ、スプレッドシートデータから自動的にテーブル作成を行います。

料金プラン

「Oracle DB」には「Oracle APEX」のライセンスが附属しており、データベースを導入している環境ではそのまま使用できます。

OutSystems

ouysystems

引用元:https://www.outsystems.com/ja-jp/

「OutSystems」はOutSystem社が提供するアプリ開発向けローコード・プラットフォームです。ビジュアル言語をアイコン化、ドラッグ&ドロップの統合的な開発環境が構成されており、高度で複雑なアプリ開発に優れています。

ライフサイクル管理まで提供

「ライフサイクル管理」とは開発したアプリの運用、改善や廃止までを管理する環境です。アプリの利用状況や不具合を監視し、ユーザーからのフィードバックを開発に取り入れ、継続的なアプリ開発環境を提供します。

クライゼル

kreiselクライゼルはCRM(顧客情報管理システム)に必要な機能が、多数パッケージされたプラットフォームです。AIを活用した顧客データベースの作成、多目的・多用途に対応したWebフォーム、メールマーケティング支援、会員サイト作成など、さまざまな機能を最適化して利用できます。

また、デザインカスタマイズや、APIを使ったシステム開発も可能で、ローコード開発ツールとしても利用いただけます。

AIを活用したデータベース・フォーム作成

クライゼルではAI支援を活用し、データベースとフォーム作成を自動で行う機能があります。
例えば、「お問い合わせフォーム用の項目を作成してください。項目はお名前、会社名、メールアドレス、電話番号、お問い合わせ内容」という指示文をAIへ入力することで、データベース項目の設定・フォームを自動生成します。

クライゼルでは、14日間の無料試用を受け付けておりますので、ご興味がございましたらお気軽にお申し込みください。

ノーコード開発ツールの紹介

専門的なIT知識が無くてもアプリ開発可能なプラットフォームを提供する、ノーコード開発ツールを紹介します。

  • kintone
  • bubble
  • STUDIO

kintone

kintone

引用元:https://kintone.cybozu.co.jp/

「kintone」はサイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームのクラウドサービスです。100種類以上のサンプルがそろっており、ドラッグ&ドロップ操作だけで業務アプリを作成できるので、プログラミング知識は必要ありません。

クラウド上でいつも最新状態

kintoneではクラウド上にデータを集約管理し、1つのツールでデータ入力・集計・共有が可能です。
参加者をまとめたスペースを作成できユーザー間で情報共有しやすく、クラウド上で最新状態のデータを確認・修正やコメント入力ができます。

Bubble

bubble

引用元:https://bubble.io/

「Bubble」は米国のBubble Group incが提供しているノーコードプラットフォームです。世界中で300万人以上のユーザーに利用されており、広く普及しています。2022年にはMicrosoftとパートナーシップを提携しました。

ドラッグ&ドロップでWebアプリ作成

ソースコードを書かずにパーツを直感的なドラッグ&ドロップ操作で配置しアプリを作成する、汎用性の高いノーコード開発ツールです。拡張機能や外部サービスとの連携機能が充実しており、高機能なWebアプリ開発に向いています。

STUDIO

studio

引用元:https://studio.design/ja

「STUDIO」は日本で作られたノーコードのWebサイト開発ツールです。日本語表記の機能と直感的に操作できるUIで、日本国内ユーザーには特に利用しやすい開発ツールと言えるでしょう。

日本発のノーコード開発ツール

STUDIOは日本で作られたサービスなので、完全に日本語対応されています。運用もサービス側が行うため、ユーザー側はパスワード管理だけで済みます。ノーコード開発ツールですがHTMLとCSSの知識があればより詳細な設定が可能です。

まとめ

ローコード開発・ノーコード開発は、ともにプログラミング知識が乏しい人材でも、直感的・視覚的操作でソフトウェア・アプリケーション開発を行う手法です。

自社で業務アプリやワークフローの自動化、DX化するには人的リソースと予算が取れない場合でも、ローコード開発プラットフォームやノーコード開発プラットフォームを軸にすることで、作成したいシステムを構築できるかもしれません。

ローコード開発にはクライゼル

クライゼルは、多彩な業務で使えるCRMプラットフォームです。

顧客エンゲージメントを高める会員サイト作成機能や、Webフォーム、メール配信、データベースサービスを活用して、様々な業務にフィットするシステムを構築いただけます。

クライゼルをお客様自身でカスタマイズすることも出来ますが、クライゼルをベースとしたシステム開発サービスも提供しており、スクラッチ開発より、安価にシステム開発を行うことが出来ます。

また、クライゼルを運用するトライコーン株式会社は国際的なセキュリティ規格ISO/IEC 27001 : 2013、ISO/IEC 27017:2015やプライバシーマークの認証を取得しているため、組織的なセキュリティ対策も徹底しています。高セキュリティな体制で運用されているクライゼルを活用したローコード開発にご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

弊社の多彩な業務で使える高セキュリティなCRMプラットフォーム「クライゼル」のカタログは下記からダウンロードいただけます。機能・料金表の記載もありますので、ぜひご覧ください。
服部誠

トライコーン(株)取締役兼マーケティング統括。
Web広告、CRM、CDP、データ可視化などお客様のwebマーケティングの課題解決に長年従事。
Salesforce Marketing cloud メールスペシャリスト / アドミニストレータ / コンサルタントおよび、Salesforce アドミニストレータの各認定資格を保持。

服部誠をフォローする
トライコーンラボ
タイトルとURLをコピーしました