フロントエンド言語とは?フレームワークやライブラリについても解説

フロントエンド言語とは? フロントエンド
フロントエンド

フロントエンド言語の理解は、フロントエンドエンジニアにとっては必須です。フロントエンド言語の理解により、フロントエンドのフレームワークや、UI(ユーザーインターフェース)ライブラリの使用が円滑になります。この記事では、フロントエンド言語と、フロントエンド開発に便利なフレームワークとUIライブラリについて解説します。

会員サイト作成、Webフォーム作成、顧客管理を低予算で行いたいときには、CRMプラットフォーム「クライゼル」をローコード開発ツールとしてご利用することもおすすめです。クライゼルのシステム開発サービスもご提供しておりますので、ぜひご検討ください。

主なフロントエンド言語

フロントエンド言語とは、 Webサイトや Webアプリケーションのユーザーが直接目にする部分の開発に必要な言語です。フロントエンド開発を行うフロントエンドエンジニアは、HTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンド言語を用いて、ユーザーが使いやすい Webサイトや Webアプリケーションを構築します。

ここでは、フロントエンド開発に必須となる、HTML・CSS・JavaScriptの3つのフロントエンド言語について解説します。

HTML

HTMLとは、 Webページの作成に必要な開発言語で、フロントエンド開発において必須となる言語です。 Webサイトや Webアプリケーションは、必ずHTMLを使い基本構造を作成します。インターネット上のほとんどの Webページは、HTMLをベースとして作成されています。

CSS

CSSは、Webページのスタイルを指定するための言語です。HTMLで記述されたWebページの色、大きさ、配置などを指定します。CSSによって、Webページの見た目を整えることが可能です。

JavaScript

JavaScriptは、Webページに動的な機能を追加するためのプログラミング言語です。ボタンをクリックしたときに色や形が変わる・スライドショーを表示するなどの機能を実装できます。

また、最近ではNode.jsというプラットフォームが普及され、サーバーサイドでJavaScriptを使う事ができますので、アプリケーションの大部分をJavaScriptで開発することも可能です。

フロントエンドの便利なフレームワーク

フロントエンドのフレームワークとは、「 Webアプリケーションフレームワーク」のことです。フレームワークとは、一般的に「骨組み」や「枠組み」を意味します。

モダンなWeb開発の現場では、フレームワークを使用する場面が多いでしょう。フレームワークの使用により、開発にかかる時間の短縮が図れます。また、フレームワークに沿って開発することで、品質の均一化が図れるだけでなく、開発者以外のエンジニアでもメンテナンスもできるようになります。

React

react引用元:https://ja.react.dev/

Reactとは、Webサイト上のUIの使用を効率化するために開発された、動的なWebページのインターフェースを構築するためのJavaScriptライブラリです。Reactを使うと、デザイン性に優れたUIを簡単に作成でき、オープンソースとしても公開されているため、初心者でも扱いやすく、手の届きやすいフレームワークといえるでしょう。

Reactは、InstagramやFacebook、Yahoo!、Netflix、Slackなど、世界中のWebページで採用されています。

Reactでは、まず仮想DOMを設計してから、実際のDOMを作成します。仮想DOMとは、実体はないものの、JavaScriptのライブラリによってブラウザAPI上に実装された概念です。仮想DOMを使ったレンダリングにより、UIの表示を短時間で更新できます。画面がReactで構成されていたとしても、必要な部分のみ更新されるため、Webページの表示を高速で切り替えることが可能です。

Angular

angular

引用元:https://angular.io/

Angularは、スマホやデスクトップ、タブレットなど、さまざまなプラットフォームでWebアプリケーションを作成するためのJavaScriptフレームワークです。

Angularの特徴の一つは、SPA(シングルページアプリケーション)の開発がしやすい点です。
SPAとは、一つのページ内でコンテンツを切り替えるアプリケーションを指します。従来のWebアプリケーションは複数の画面でしたが、SPAは一つの画面内でコンテンツを切り替えるシングルアプリケーションです。

SPAは、サーバとの通信量を最小限に抑え、ユーザーの操作に合わせて必要な部分のみを更新するため、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。これにより、ユーザーはページ移動のストレスを軽減でき、開発者は負担を抑えることが可能です。

もう一つの特徴は、モジュールベースの構造により、複雑かつ大規模なアプリケーションでも開発しやすいことです。Angularは依存性の注入(DI)などの機能により、コンポーネントの再利用性も高められます。

Angularだけでフロントエンドの機能開発ができる点がメリットです。Angularには、ルーティングや状態管理などのフロントエンド開発に必要な機能が備わっています。そのため、新しいライブラリなどを追加することなく、手軽にフロントエンド開発を始められます。

Vue.js

vuejs

引用元:https://ja.vuejs.org/

Vue.jsは、 WebアプリケーションのUI部分等の開発に使われる、JavaScriptフレームワークです。JavaScript用のフレームワークは多数ありますが、企業でのVue.jsの採用率は高いものとなっています。

Vue.jsには、リアクティブシステムがあり、内部で管理しているデータをスムーズに、画面へと反映ができます。リアクティブシステムにより、ユーザーが入力した値に対して即座にレスポンスするので、 Webページの表現の幅は広がるでしょう。

Vue.jsのメリットは、シンプルな設計のうえ柔軟性が高いので、ほかのライブラリと組み合わせて使用できる点です。ほかのライブラリの使用で、開発中のUIに不足している部分があるときに、Vue.jsを使い補うこともできます。また、DOM操作を自動化できるので、開発の負荷を少なくできる点も魅力です。

フロントエンドのUIライブラリ

UIライブラリにはボタンや入力フィールド、ドロップダウンダウン、ラジオボタンといった、ユーザーインターフェースを構築する際に役立つUIコンポーネントが含まれています。
これらのUIコンポーネントにより、開発者はUIを一から作る必要がなくなるので、開発時間の短縮ができるでしょう。

また、コンポーネントはデザインが一貫しているので、組み合わせることで、統一感のある見た目のUIの作成ができます。ここからは、特に人気の高いフロントエンドのUIライブラリを紹介します。

Bootstrap

bootstrap

引用元:https://getbootstrap.jp/

「Bootstrap」は Webサイトや Webアプリケーションの、オープンソースCSSです。スピーディーに見た目を整えられるため、人気のあるライブラリです。

BootstrapはHTML/CSSフレームワークで、見栄えのよい Webサイトを簡単に作成するための素材集となります。HTML/CSSフレームワークの活用により、 Web制作の工数削減、品質の均一化に期待できます。

オープンソースソフトウェアとして無償で提供されており、スキルや知識があれば安価に質の高いWebサイト・アプリケーションを作成することが可能です。

特徴は、標準でレスポンシブデザインに対応しており、スマホやPC、タブレットといったデバイスに合わせて、画面の幅やレイアウトを自動調整できる点です。豊富なテンプレートを備えている点も特徴といえます。

テンプレートの一部は無料で利用できるので、初心者でも簡単に優れたデザインを実装できるでしょう。商用利用ができる無料のテンプレートもあるので、企業向け Webサイトを短期間で作成できます。

Material-UI

material-ui

引用元:https://mui.com/

Googleの「Material Design」に基づいて開発された、React用のUIコンポーネントライブラリが「Material UI」です。機能を高速に構築するための包括的なUIツールを備えています。NetflixやAmazonなどの有名企業でも利用されています。

Material UIの特徴は、Reactアプリケーション開発において、複雑で美しいUIを簡単に実装できることです。デザイン性の高いUIを簡単に構築でき、ゼロから高度なテーマを作成することもできます。

2021年に正式リリースされた「Material-UI v5」からは、CSS記述用のライブラリにEmotionがデフォルトで使用されるようになりました。Emotionでは、JavaScriptを使ってスタイルを記述できます。JavaScriptフレームワークとの相性も良く、コンポーネントのスコープの維持や動的なCSSの作成が可能です。

「Material-UI v5」は、旧バージョンの「v4」よりも動的なスタイルに強くなり、ソースコードの量も少なくなっています。必要なコンポーネントをインポートして、利用したい機能のプログラム実装を行うことで、デザイン性の高い洗練されたUIを作成できます。また、Material UIはReactのなかでも有名なライブラリであるため、インターネット上で情報の収集もしやすいというメリットもあります。

フロントエンドの状態管理フレームワーク

フロントエンド開発における状態管理とは、プログラムが動作する中で、ある瞬間における情報や条件を把握し、管理する仕組みのことを指します。具体的には、「ユーザがログインしているかどうか」、「ネットショッピングでいうとカートに何が入っているか」といったような状態を管理します。

アプリケーションの規模が大きくなるにつれて、状態の数が増え、管理が難しくなるケースがあります。そのような場合、状態管理のコストを下げるために、適切なデータフロー設計を行わなければなりません。

状態管理フレームワークを使うと、コードの整理と保守性の向上、状態の再利用性の向上、デバッグがしやすくなるといったメリットがあります。

ここからは一般的な状態管理ライブラリとフレームワークである、「Redux」「Vuex」について解説します。

Redux

redux

引用元:https://redux.js.org/

Reduxとは、Reactの状態をグローバルな状態を管理および、更新するためのフレームワークです。ReduxはReactとの併用を想定して作成されているため、Reactとの相性は良いとされています。

ReduxはJavaScriptのライブラリで、メモリ内に保存されているオブジェクトの状態管理に特化しています。Reduxのメリットは、バグを軽減でき、エラーの原因追究が簡単になる点です。

Vuex

Vuexは、Vue.js アプリケーションで使用する、状態管理ライブラリです。Vue.jsは、UIを構築するためのJavaScriptフレームワークで、アプリケーション開発に必要です。

Vuexを利用していなければ、コンポーネント間のデータの受け渡しには、props や$emitによるイベントを利用して行います。しかしこの方法ではデータの受け渡しの頻度が増え、階層が増加してしまい、props や$emitによる管理は難しく複雑になるでしょう。Vuexの使用により、データの一元化ができるので、複雑になったデータ管理が容易になります。

フロントエンドのフレームワークについて、下記記事も合わせてご覧ください。

Webシステム開発ならクライゼルがおすすめ!

システム開発において、個人情報の管理を伴うWebシステムを一から開発するには、幅広い知識とそれを扱えるエンジニアが必要です。さらに、自社の業務フローに合ったWebシステムを構築するには、より優秀な人材の確保が必須といえます。

そのような際、既存のシステムをカスタマイズして、自社の運用に合わせる方が、イチから開発するよりもTOC(Total Cost of Ownership)の面では抑えられるかもしれません。

例えば、Webフォーム作成、会員サイト作成、顧客管理を行いたいときには、CRMプラットフォーム「クライゼル」をご検討ください。顧客エンゲージメントを高めるためのツールがすでに揃っています。

クライゼルベース自社の業務に適したWebシステムを開発するクライゼルのWebシステム開発もご提供していますので、ぜひご相談ください。

まとめ

この記事では、フロントエンド言語についてと、フロントエンドのフレームワークとUIライブラリについて解説しました。

フロントエンドエンジニアにとって、フロントエンド言語の理解は必須ですが、業務を進めるうえでフレームワークやライブラリについて学ぶことも欠かせません。フレームワークとライブラリにはそれぞれ種類があるので、自社に合ったものを選定しましょう。

弊社の多彩な業務で使える高セキュリティなCRMプラットフォーム「クライゼル」のカタログは下記からダウンロードいただけます。機能・料金表の記載もありますので、ぜひご覧ください。
服部誠

トライコーン(株)取締役兼マーケティング統括。
Web広告、CRM、CDP、データ可視化などお客様のwebマーケティングの課題解決に長年従事。
Salesforce Marketing cloud メールスペシャリスト / アドミニストレータ / コンサルタントおよび、Salesforce アドミニストレータの各認定資格を保持。

服部誠をフォローする
トライコーンラボ
タイトルとURLをコピーしました