フロントエンドとバックエンドを分ける理由とは?双方の違いやメリットも解説

フロントエンドバックエンド分ける理由とは フロントエンド
フロントエンド

フロントエンドとバックエンドを分ける理由は、

  • 専門化と効率性
  • 同時進行開発
  • 効率的なテスト

などがメリットとして挙げられえます。

この記事では、フロントエンドとバックエンドの違いから、両者を分けるメリット、求められるスキルまでを解説します。

なお、会員サイトや各種業務アプリケーションのフロントエンド、バックエンド両方の開発を行うのであれば、クライゼルを活用することでスクラッチ開発よりも効率的にシステム開発が可能です。また、当社ではクライゼルのシステム開発サービスのご提供もしておりますので、ぜひご検討ください。

フロントエンドとバックエンドを分ける理由

フロントエンドとバックエンドを分ける理由はいくつかあります。主な理由についてご紹介します。

専門化と効率性

フロントエンドとバックエンドの開発は異なるスキルセットが必要です。そのため、フロントエンドとバックエンドをわけることで、開発者はそれぞれの領域に集中できるため効率的な開発が可能となります。

同時進行開発

フロントエンドとバックエンドを同時に開発することで、開発者はそれぞれの領域に専念でき、同時に作業を進めることができます。これにより、プロジェクトの全体的な進捗が向上し、開発サイクルが短縮されます。

効率的なテスト

フロントエンドとバックエンドを分けることで、テストの際も、それぞれの部分を独立してテストできます。これにより、バグや問題を早い段階で発見しやすくなります。

範囲が分割されるので、不具合が出た場合に直すポイントが明確になったり、テストやデバッグが効率的になったりするなど、ほかにも多くのメリットを得られます。

フロントエンド開発とバックエンド開発の違い

冒頭でも述べましたが、フロントエンドとバックエンドは、必要なスキルが異なります。ここではそれぞれの必要なスキルをご紹介します。

フロントエンド開発に必要なスキルとは

フロントエンド開発フロントエンドエンジニアは、デザイナーとのやり取りとバックエンドエンジニアとのやり取りが発生し、業務は多岐にわたります。

フロントエンドエンジニアに必要なスキルセットを下記記事にて詳しく記載していますので、合わせてご覧ください。

HTML・CSS・JavaScriptの知識

基本的なウェブ技術であるHTML、CSS、JavaScriptは、フロントエンド開発者の土台となります。HTMLはコンテンツの構造を、CSSはデザインを、JavaScriptは動的な挙動を担当します。

これらの言語をマスターすることで、素早くリッチで洗練されたユーザーインターフェースを構築できます。

フロントエンドの言語については、下記記事で詳しく記載しています。合わせてご覧ください。

UI・UXデザインの知識

優れたユーザーインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)は、ユーザーの満足度に直結します。フロントエンド開発者がUI・UXデザインの基本を理解すると、デザイナーとのコミュニケーションもスムーズになり、ユーザーフレンドリーなデザインを実現しやすいでしょう。

開発ツールの知識

効率的な開発には、適切な開発ツールの使用が欠かせません。コーディングエディタ、デバッガ、バージョン管理ツールなどを使いこなすことで、生産性が向上し、コードの品質も保たれます。人気のあるツールにはVisual Studio CodeやGitなどがあります。

テスト・デバッグの知識

フロントエンド開発者は、自らが構築したアプリケーションの品質を保つためにテストとデバッグのスキルを磨く必要があります。ユーザビリティテストや機能ごとのユニットテストなど、適切なテスト手法を理解し、バグを迅速に発見・修正できるようになりましょう。

コミュニケーションスキル

フロントエンド開発は単独作業だけでなく、他の開発者やデザイナー、プロジェクトマネージャーとの円滑なコミュニケーションが不可欠です。明確なコミュニケーション能力は、プロジェクトの進捗や課題に対処するために欠かせません。

また、エンジニアとしてキャリアを積むと、プロジェクトリーダーとしてマネジメントを行うこともあるでしょう。その場合、プロジェクトの進捗管理やチームメンバーの役割分担など、マネジメントスキルも必要になります。

PM(プロジェクトマネージャー)を目指すなら、チームメンバーとの連携だけではなく、非技術者への技術説明など、他部門や他社とのコミュニケーションスキルも重要です。

バックエンド開発に必要なスキルとは

バックエンドエンジニア

バックエンド開発者は、システムの機能やデータの安全性を担保し、スムーズな運用を実現する重要な役割を果たしています。プログラミング言語からセキュリティに至るまで、欠かせないスキルについて掘り下げていきましょう。

プログラミング言語の知識

バックエンド開発者にとってプログラミング言語は土台となります。Java、Python、Ruby、Node.jsなど、言語によって異なる特性があります。開発者はそれぞれのプロジェクトに最適な言語を選択し、深い理解を持つことが求められます。

データベースの知識

データベースはバックエンドの中核をなす要素です。SQLやNoSQLデータベースの知識を有することで、データの効率的な管理や検索が可能となります。リレーショナルデータベース(MySQL、PostgreSQL)やドキュメント指向データベース(MongoDB)など、用途に合わせた選択が重要です。

API設計と実装の知識

バックエンド開発者は外部システムとの連携を担当し、API(Application Programming Interface)の設計と実装に精通している必要があります。RESTfulなAPIやGraphQLのような技術を理解し、スムーズなデータの受け渡しを実現します。

セキュリティに関する知識

セキュリティはバックエンド開発者にとって極めて重要です。権限管理、データの暗号化、脆弱性対策など、セキュリティに関する知識を有することで、システムが安全に運用され、悪意ある攻撃から保護されます。

開発ツール、サービスの知識

効率的な開発プロセスを実現するために、バックエンド開発者は開発ツールやクラウドサービスに精通していることが求められます。DockerやAWS、Firebaseなどの利用経験があり、適切なツールの選択ができることが重要です。

まとめ

フロントエンドとバックエンドを分ける理由からその違い、メリットまでを紹介し、エンジニアに求められるスキルについて解説してきました。

チームで開発するのであれば、フロントエンドとバックエンドは分離して設計すべきでしょう。

Webシステム開発ならクライゼルがおすすめ!

kreisel

クライゼルサイト

Webシステムやアプリケーションの開発には、フロントエンドとバックエンド両方に優秀なエンジニアが必要となります。しかしハイスキルなエンジニアを採用するのは難しく、雇用にも多大なコストがかかります。

弊社では、高セキュリティなCRMプラットフォーム「クライゼル」をベースに、お客様の業務に合ったシステム構築を承っております

システム構築では要件定義からデザイン、プログラム開発、テストをまとめてお任せいただけます。クライゼルのAPIと実装済み機能を活用してシステム開発を行うため、スクラッチ開発より、安価に開発可能です。

また、弊社は国際的なセキュリティ規格ISO/IEC 27001 : 2013、やプライバシーマークの認証を取得しているため、組織的なセキュリティ対策も徹底しています。

詳しくは、クライゼルベースのWebシステム構築でコスト削減!をご覧ください。

弊社の多彩な業務で使える高セキュリティなCRMプラットフォーム「クライゼル」のカタログは下記からダウンロードいただけます。機能・料金表の記載もありますので、ぜひご覧ください。
坂頭 佳澄

マーケティンググループ所属。 マーケティング担当者としてデジタルマーケティング全般に従事。Googleアナリティクス認定資格保持。

坂頭 佳澄をフォローする
トライコーンラボ
タイトルとURLをコピーしました