CMSを導入して会員サイトを開発|代表的なCMSやASPでの構築

マイページ・会員サイト
マイページ・会員サイト

ウェブサイトで圧倒的なシェアを誇るWordPressを代表とするCMSは、サイト開発する上で欠かせない機能有するツールです。

本記事では代表的なCMSや会員サイトを構築する上でCMSのメリット・注意点からサイト構築の選択肢として考えられるASPメリットを紹介します

WordPressを利用して会員サイト・マイページ構築を検討している企業のご担当者さまは、ぜひトライコーンにお任せください。WordPressを利用して会員サイトの構築をお任せいただけます。

CMSを導入して会員サイトを開発する主なメリット

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは、Webサイトの管理や更新行えるツールで、サイト内のコンテンツ構成するデータ(テンプレート、テキスト画像など)一元的に保存・管理するシステムこと指します

雑誌で例えると、CMSを導入していない場合は1ページずつを完成データとして保存・管理しますが、CMS導入した場合は雑誌全体でテンプレート、テキスト画像など個別に保存・管理しているというイメージですではなぜCMSの導入が推奨されているでしょうか。導入することのメリットについて紹介します。

特別な専門知識不要でコンテンツの掲載・編集ができる

CMSを導入すると専門知識がなくてもサイトのコンテンツ編集や掲載できること大きなメリットです会員サイトを構築後に文章を1点変更したい場合例に見ていきましょう。

CMSを導入しているWebサイトではCMSのインターフェイス上で、CMSに保存されているテキストデータを編集するだけでサイトの更新ができます。

これが未導入の場合、記述済みのHTMLから差し替えたい部分を探し出し、直接打ち変えないといけないため専門知識を必要とします。

会員獲得のコンテンツマーケティング・SEOに対応できる

会員サイトは常にフレッシュな情報を更新していくことで会員の満足度を高め、さらなる会員獲得推進します。

CMSを導入していると、更新作業が容易なため、スピード感のあるコンテンツ制作ができること強みとなります。

会員サイト運用での分業による作業の効率化ができる

会員サイト運用を分業化し、作業を効率化できるも大きな強みです。

業サイトでは製品・サービス情報ページはマーケティング部門、会社概要など広報部門など、ページごとに管理担当部門が異なることが多く、Web制作会社にページの更新・追加を依頼するまで幾つもの部門を介するため修正や更新まで時間と手間かかっていました

しかしCMSを導入することで管理担当部門が簡単に更新・追加ができるようになり、スピーディなページ更新可能となります。

マルチデバイスへの対応開発が簡単に実装できる

CMSの中にはマルチデバイス対応した開発ができるものありそういったシステムを利用することで簡単実装できるようなります。

会員サイト開発向きの代表的なCMS

会員サイトを開発する際に多く利用されているCMSを紹介します。

WordPress

無料で利用でき、世界中でもっとも多くの人が利用しているオープンソースのCMSです。カスタマイズ性も高く、プラグインを導入することでデータ抽出やツールとの連携、セキュリティ対策も可能です。

WebサイトのシェアNo.1のWordPressを使った会員サイト構築方法については以下記事で紹介しています合わせてご参考ください。

wordpress引用元:https://ja.wordpress.org/

MovableType

WordPressほどの知名度はないものの、日本では高いシェアを誇り2大巨頭とされるCMSです。

日本企業が提供しているサービスということもあり、安心してサポートを受けられるが強みです。また、1アカウントで複数のサイトを管理できるため、社内で複数のサイトを構築したい場合などに利用価値があるといえるでしょう。

movable-type引用元:https://www.sixapart.jp/movabletype/

EC-CUBE

国産ならではの細やかなサービスが特徴のEC-CUBEは充実した基本機能や専用350種以上プラグイン機能があり、手軽に機能実装できます。

「リアル店舗のようにネットショップにも個性を」というビジョンで開発されていることから、ネットショップとしての機能強みがあります。

ec-cube引用元:https://www.ec-cube.net/

Drupal

プログラム言語である PHP で記述するオープンソースのCMSのDrupal標準機能が充実していて、拡張性の高さも支持されいます。

標準機能として100カ国以上の言語対応をしているためグローバルサイトを目指す場合にも有用です。セキュリティ機能や対策も充実しているため、信頼性の担保が必要な会員サイトを構築するのみぴったりです。ただし、プログラム言語の知識が必須なため、専門知識を有する人材が不可欠です

drupal
引用元:https://www.drupal.org/

MicroCMS

MicroCMSはヘッドレスCMSと言われるサーバーレスなCMSです。

自社ですでにWebサイトをお持ちだったり、会員サイトを制作するASPをご利用の場合、CMS機能だけを取り入れたいといった場合、ヘッドレスCMSを検討すると良いでしょう。

導入には開発知識が必要になりますので、社内で確認しましょう。

microCMS引用元:https://microcms.io/

CMSでの構築はセキュリティ要件に不安が残る

CMSで構築しているサイトは数多く存在しますが、セキュリティ面に不安残ること懸念材料です。特に圧倒的シェアを誇るWordPressはその分サイバー攻撃のリスクも高く、不正アクセスや情報ろう洩などのリスクに常にさらされています。

データの破損といった実損はもちろんのこと、サイト運営が停止となるような事態は企業信用に関わるため避けなければなりません。

会員管理機能の充実で、マーケティングが加速
高セキュリティな会員サイト構築なら「クライゼル」

会員サイトの開発にASPという選択肢

ASP(アプリケーション サービス プロバイダ)とは、ソフトウェアを実行するためのプログラムをクラウドに設置し、ネット回線介してプログラムデータへアクセスしてソフト利用できる仕組み指します

会員サイトを開発する際にこのASPサービスを活用することは非常に有用です。ここではASPでサイト構築するメリットを見ていきましょう。

会員サイトの運用に必要な機能が既に揃っている

ASPサービスには会員サイトを構築・運用するための機能がパッケージングされている上サイト運営非常重要なセキュリティ対策に関してもASP提供側で行っくれます

マルチデバイスへの対応開発が簡単に実装できる

ASPを活用したサイト開発では、マルチデバイス対応が簡単に実装できます。PC、スマートフォンどちらでもストレスなく閲覧できる仕様が可能です。

コンテンツマーケティング以外の施策実行も期待できる

CMSはコンテンツマーケティングに有用と前述しましたがASPではそれ以外の施策実行も期待できます。

具体的には、メールマーケティングや会員限定のクーポンの配布等です。

会員サイトに新しい情報を掲載してもそれをお知らせすることができないと、せっかくの会員サイトも利用されません。メールでの情報配信機能があれば、同じ会員DBを使って会員に会員サイト上の新情報を告知することが可能です。ASPはメール配信機能やクーポン作成の機能がありますので、いろいろな会員向けキャンペーン施策を実行することが可能です。

CMSやMAなどのマーケティングツールとの連携もできる

多くASPでは、CMSやMAといったマーケティングツールと連携できるため、それぞれ強みを取り込んだ会員サイトを構築することができるでしょう。

例えば、会員管理や会員サイトへのログイン認証をASPで行い、ASPの会員サイト機能下でCMS連携してコンテンツの更新制を高めるといったようなことが可能です。

会員サイトASPサービスとCMSでの会員サイト構築の違い

会員サイトを構築する上で、ASPサービスとCMSを活用する場合違い4つ項目に分けてみていきましょう。

サーバーの契約・保守運用が必要かどうか

ASPサービスはサーバーの契約・保守運用もセットになっているため管理側がアクションを起こす必要はありません。

しかしCMSは無料・有料で違いがあり、無料の場合は自社でサーバーの準備や保守運用をする必要があります。有料のクラウド型CMSではサーバー代などが料金に含まれていることがあるため確認してみましょう。

会員サイト運用に欲しい機能を一から開発する必要かどうか

ASPには会員サイトを運用するための機能が揃っておりそれら組み合わせながらサイトの構築が可能です。CMSの場合、足りない機能はプラグインなどを自身で探して導入する必要があり、手間がプラスされます。

会員サイトの構築のイニシャルコストが大きくなるかどうか

無料CMSの代表格であるWordPressは、それ自体は無料で利用できるものの、それを動かすサーバ費、ドメイン取得費、会員サイトプラグインなどの追加費用がかかります。ASPの場合は、ASP提供側でそれらを準備しているので手間がかかりません。ASPは会員向け施策に必要な便利な機能も予め実装されているため初期構築工数を削減することも可能です。

また、どちらの場合でもコンテンツの制作を外注する場合は制作費も初期費用としてかかります。

継続のコストがサーバー費用以外かかるかどうか

ランニングコストの面でいうと、有料CMSとASPサービスはどちらも運用費用や月額費用がかかります。料のCMSの場合、ドメイン代とサーバー代がかかる程度ですが、常にセキュリティ面でアップデートないか、脆弱性が発見されていないかを自社でチェックし、随時サーバーソフトやCMSソフトのupdateが必要です。

会員サイトでもっとも重要視されるは、会員情報を守るための安全性にあります。無料CMSによる構築よりも、高セキュリティを担保したASPを活用して構築する方が安心・安全な運用ができるでしょう。

会員サイトASPについてより詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

会員サイトはセキュア対応など安心・安全性が前提条件

会員サイトは会員の個人情報などを大量に扱うため、セキュアな対応が絶対とされます。安心・安全性を土台にし、その上で魅力的なコンテンツ、ユーザービリティの高い操作性などをアピールするが健全な会員サイト運営方法といえます。

まとめ

会員サイトの構築に無料CMSを利用することは、手軽に制作できることもあって初期の構築方法候補として挙がることが多いでしょう。

しかし、セキュリティ面での不安を払拭しきれないというデメリットが会員サイトを構築する上で大きな障壁となります

ASPサービスは、会員サイトに必要な機能がパッケージングされているため、簡単にセキュアなサイトを構築・運用できます。ぜひ活用を検討してみてはいかがでしょうか。

員サイト向けのマーケティングに必要な機能を網羅したサービスを提供しているASPツール「クライゼル」は本格的な会員サイト簡単構築・運用することができます

外部システムとの連携も充実しており、拡張性の高さも折り紙付き。これから会員向けサイトの構築を企画している方はぜひ、クライゼルをご活用ください。

会員管理機能の充実で、マーケティングが加速
高セキュリティな会員サイト構築なら「クライゼル」

会員サイト構築(マイページ開発システム)にも使えるCRMプラットフォーム「クライゼル」のカタログは下記からダウンロードいただけます。機能・料金表の記載もありますので、ぜひご覧ください。
服部誠

トライコーン(株)取締役兼マーケティング統括。
Web広告、CRM、CDP、データ可視化などお客様のwebマーケティングの課題解決に長年従事。
Salesforce Marketing cloud メールスペシャリスト / アドミニストレータ / コンサルタントおよび、Salesforce アドミニストレータの各認定資格を保持。

服部誠をフォローする
トライコーンラボ
タイトルとURLをコピーしました